精神科医療と薬について知っておきたいこと

主人と娘は定期的に通院しているため医療費がかかります。処方された薬をきちんと飲まなければ効果は期待できません。

医療費がかかっても薬はきちんと飲んで

我が家は主人と大学生の娘、そして私の3人家族です。
主人も娘も定期的に通院しているため医療費がかなり高額になってしまいます。
まず主人はうつ病の治療で2週間おきに通院しています。
通院はもう5年目で体のほうはだいぶ元気になったのですが、やはり落ち込むと動けなくなってしまう為まだ薬が欠かせません。本人としてはもう薬を飲む必要はないと思っているようなのですが通院すると毎回薬が処方されます。
今は毎回ほぼ同じ薬が処方されますが、時には違う薬が処方されたり飲む量が変わったり、ということもあります。


また娘はアトピーで月に1度通院しています。
こちらも抗アレルギーの飲み薬と漢方薬、されに塗り薬が処方されます。
塗り薬も体用、顔用、頭用と3種類あり、しかも漢方薬の量が多いので1回通院すると相当量の薬を持ち帰ってきます。

しかし娘は忙しさにかまけてきちんと薬を飲まないので薬が溜まりがちです。
1日3回飲まなければいけないの朝は時間がなくて飲まずに出かけたり、夜は眠ってしまって飲まなかったり、といった具合です。
これではせっかく処方された薬も効き目が出なくなってしまいます。
ただ薬がまだ残っているからといって次の通院を1ヶ月以上あけてしまうと「薬飲んでいないでしょう」と、しっかり先生にばれてしまうようですが。いくら薬代がかかるとはいえ、治療が目的なのですから処方された薬はきちんと飲むべきだと思うのですが、本人に自覚がないのは困ったものです。
親の目がとどかない年頃になったので、あとは本人次第です。

関連キーワード

Copyright (C)2017精神科医療と薬について知っておきたいこと.All rights reserved.