精神科医療と薬について知っておきたいこと

私はいくつか病気にかかったことがあります。病気にかかった際に医療用の薬を使用しましたので、紹介します。

私が使用した医療の薬について

私はこれまで生活してきた中で、病気にかかりました。
病気にかかった際に、薬局で一般用の薬を使用したり、医者から処方された医療用の薬を飲みました。
その時の薬の種類や経験をご紹介したいと思います。
私は幼少期から中学2年生まで喘息の発作を患っていました。
定期的に医者に通い、薬を処方してもらいました。
喘息の発作は、呼吸器系の病気であったため、飲み薬以外にも、吸引用の薬を使用していました。
使用していた吸引用の薬は、付き合いが長かったため、今でも薬の名前を覚えています。
薬の名称はメプチンです。
大塚製薬が生産している薬です。
喘息の発作が発生したときに、吸引用の薬であるメプチンを吸い込みます。
数回吸い込むことにより、喘息の発作を止めることができました。

他にも風邪を引いた時や、頭やのどが痛い時で、自分で医者に行く必要が無いと判断した場合には、薬局で市販の薬を購入します。
薬局で市販で売られている一般用の医薬品はOTCと呼ばれ、薬による副作用を防ぐため、医者が処方する薬より必要な成分が少ないため、医者が処方した薬より効きにくいです。
風邪を引いて、症状が重度の場合は医者へ行き、早く治すために、医者が処方した薬を服用します。


私は大学生の時にインフルエンザにかかりました。
熱が39度を超える高熱になりました。
インフルエンザ専用の薬であるタミフルを使用しました。
タミフルは当時ニュースで副作用が話題になっており、多少危険と言われていましたが、実際に服用してみて、薬の効果は抜群でした。

関連キーワード

Copyright (C)2017精神科医療と薬について知っておきたいこと.All rights reserved.